【気管支拡張症.com】〜肺気腫〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kikan4kakutyou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは気管支拡張症と関係のある呼吸器の病気、肺気腫について詳しく説明しています。

肺気腫は慢性気管支炎と並んで慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼ばれる、肺の重大な病気のひとつです。COPDは別名「たばこ病」と呼ばれていて、疾患者の喫煙割合がかなり多いことからそう呼ばれるようになりました。ただし、たばこが直接的な原因かどうかは未だ完全に解明されているわけではなく、非喫煙者でもCOPDに罹る方は少なからず居るのも事実です。

肺気腫とは呼吸細気管支と肺胞が拡張し、破壊されていく病気です。肺胞と肺胞との間の壁が壊れると、複数の肺胞がひとかたまりになって本来あるはずの弾力性が失われ、機能が低下します。このような状態を肺気腫と呼びます。こうなると肺の中はスカスカの状態で、十分なガス交換が出来なくなり、呼吸活動に支障が生じます。
肺気腫の主な症状は、呼吸の障害です。息切れや息苦しさ、特に息を吸うときよりも吐くときに違和感を感じることが多いのが特徴です。他にも風邪を引いているわけでもないのに、咳や痰が普段から多く出ることもあります。

肺気腫は進行し重症化すると死亡するケースも少なくない病気です。早い段階で治療を行えば治らない病気ではありませんが、残念ながら明確な治療法は未だ確立されていません。死亡率もけっして低いとは言えないのが現状ですので、早期発見が治療の鍵となります。


⇒ 肺炎

⇒ 肺結核

⇒ 慢性閉塞性肺疾患

⇒ 気管支炎

⇒ 気管支喘息

⇒ 百日咳

⇒ 副鼻腔炎

sponsored link



【気管支拡張症.com】TOP

copyright©2014  【気管支拡張症.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved