【気管支拡張症.com】〜気管支拡張症の症状〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kikan4kakutyou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは気管支拡張症について、気管支拡張症の症状を詳しく説明しています。

気管支拡張症の症状は、慢性の多量且つ膿性の痰が特徴的です。痰はドロっとした濃い粘性で、黄色から緑色のように色の付いていることが多く見られます。痰は咳と共に出てきます。従って咳も気管支拡張症の代表的な症状となります。
痰に血が混ざる血痰も見られることもあり、咳が酷いと胸の痛みや咳と共に血が出る喀血も見られる場合があります。さらに咳の症状が重い場合は、呼吸困難が伴うこともあります。

感染症によるものの場合は、発熱を伴うことも多いです。それによって下痢や嘔吐など消化器系の症状が現れることもあり、その際は脱水症にも注意する必要があります。

また合併症としては副鼻腔炎を伴うことが最も多く、他にも肺炎や膿胸、肺膿瘍などの肺感染症を合併することもあります。
重症化した場合は、爪の付け根が肥大して、爪の先が手の平側に曲がって大きくなる状態の「ばち状指」という症状が見られます。


⇒ 気管支拡張症とは

⇒ 気管支拡張症の原因

⇒ 気管支拡張症の治療

sponsored link



【気管支拡張症.com】TOP

copyright©2014  【気管支拡張症.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved