【気管支拡張症.com】〜気管支拡張症とは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kikan4kakutyou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは気管支拡張症について、気管支拡張症とはどんな病気なのか詳しく説明しています。

気管支拡張症とは、気管支の壁が何らかの原因により傷つけられ、気管支が拡がって元に戻らない病気です。気管支は一度傷付くと細菌などの感染の温床となり、気管支の壁の破壊が進む一方となってしまう悪循環に陥ります。
生まれつき気管支拡張症もみられますが、一般的な原因としては重度の呼吸器感染症です。また乳幼児期は、気管支が発達する時期なので、このときに肺炎や麻疹(はしか)にかかってしまうと気管支に損傷が残ります。

男性よりも女性に多く見られ、日本人のおよそ5000人に1人の割合で発症すると言われます。
気管支拡張症になると、気管支の壁の一部が破壊してしまい、慢性的な炎症が起こることにより、線毛細胞は損傷して働きが低下してしまい、痰が溜まります。

拡張症の症状としては、咳・痰・血痰・胸痛です。
また治療法は、咳・痰がひどいときは鎮咳薬や去痰薬を内服します。さらに痰を出しやすくするため、体位ドレナージといった理学療法を行ないます。


⇒ 気管支拡張症の原因

⇒ 気管支拡張症の症状

⇒ 気管支拡張症の治療

sponsored link



【気管支拡張症.com】TOP

copyright©2014  【気管支拡張症.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved